3歳児が好きな遊びとは。1日密着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公園の子供

先日、友人の子供と公園で遊ぶ機会があり、

真冬にも関わらず元気いっぱい遊んできました。

 

あと数日で3歳になる彼は、まさに暴れん坊将軍

飲食店では奇声を発しながらの脱走劇を華麗に披露し、

大人を翻弄してくれました。

 

そんな彼が夢中になるあそびとは・・・

 

<スポンサーリンク>

室内編

友人とランチをした商業施設に、キッズスペース兼おもちゃ売り場があったため、

そこで放牧(友人曰く。笑)しました。

 

3位 滑り台

そこで遊んでいた誰もが、滑り台に釘付けでした(笑)

普通に滑る子から、頭から滑る子、反対向きに滑る子、

順番を守れる子もいれば、守れない子もいますし、

注意する親、しない親、本当に様々でした。

 

ただ、子供はすぐに真似をしたがりますよね。

頭から滑る子の次の子は、100%頭から滑ろうとしていました。

 

 

2位 猛ダッシュからの「お母さん目掛けて体当たり」

小さい子って、走るだけで何であんなに楽しそうなんでしょうか。

おぼつかない足元ながら、満点の笑顔で猛ダッシュ。

そして勢いを緩めないまま、お母さんに体当たり。

辞めさせるまで、エンドレスでした。

 

見ているこちらは非常に微笑ましいのですが、

母はとても大変そうでした(笑)

 

 

1位 おままごと遊び

男の子でもおままごとは好きなんですね。

おもちゃ売り場のおままごとキッチンで、お茶と赤ピーマンを

多分20回以上ご馳走になりました。

やっぱり大人の真似が嬉しいんですね。

 

公園編

大きな滑り台、たくさんの鳩、ブランコ、花壇など、子供の

気をひくものがたくさんある公園で3時間ほど遊びました。

 

3位 滑り台

やはり。王道ですね。

しかし、外の公園は大きい子も多く、前に進むのが大変だった

ようで、すぐ諦めてしまいました。

 

 

2位 ペットボトルの持ち歩き

とにかく大人の真似をしたいお年頃。

大人が持ってる「ペットボトル」を奪い取り、とにかく持って走ります。

蓋の開け閉めを楽しんだり、投げて転がしてみたり、遊び方はたくさん。

 

ちなみに、取り返したお茶を飲んだら、なぜか口の中に砂が入りました。

 

 

1位 大人に遊んでもらう

・よじ登る

・抱っこして回してもらう

・抱っこから落ちそうごっこ

・釣った魚ごっこ

 

など。とにかく大人の体力勝負です。

 

きっと、どんなアスレチックよりもスリルがあって、

安心できて、楽しいんでしょうね。

 

友人によると、大人は無敵だと思っているらしく、

抱っこでどんだけ暴れても落とされない

どんだけ噛んでも痛くない

どんだけ押しても倒れない

と思っているらしいです。

 

大人無敵説

 

 

まだ3歳なので問題ないですが、5歳くらいになってくると、

大人は大変ですね。それまでに大人でも無敵じゃないという

ことを教えなければ・・・!

急務ですね。

 

 

以上、3歳児が好きな遊びでした。

今周りに子供がたくさんいるので、女の子の遊びなども

観察していきたいと思います。

 

ちなみに私は、遊びすぎて上半身が筋肉痛です。

<スポンサーリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Femme Fatale より:

    遊具は児童の目からすれば最高に楽しい物に映っているんでしょうね♪
    最近では遊具での事故でメディアを賑わせてますが、
    リスクと遊びのバランスのとりかた、
    しっかりと考えていきたいですね!

    筋肉痛お疲れ様でしたw

    1. bwksor bwksor より:

      遊具の事故が取り上げられているのは、老朽化で仕方ないことだと感じています。
      小さな子供を遊ばせる時は、仮に事故が起きてしまってもすぐ救護できるよう、
      たくさんの大人の目で見守っておくことが重要ですね。

コメントを残す

*